banba's blog略して『ばんブロ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛媛FC2006シーズン第19節

<<   作成日時 : 2006/06/02 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

J2第19節
愛媛FC VS サガン鳥栖

本日は、前節の退場劇場とイエロー累積で主力3人が出場停止。
代わりに、ボランチMF石丸、右サイドDF関根、センターバックDF橋垣戸がスタメン。

前半開始から、ふにゃにゃぁ〜っと締まらん展開。ボールが収まらん。
そんな中、鳥栖がボールを持つと、スパーンとシンプルなパスを通されてピンチになること多数。シーズン序盤はもっと球際激しくイキよったはずやのに、このごろ当たりが弱く見える。もっとガツガツ行った方が観る分にはキモチヨイが、難しいとこかのぅ。
で、前半5分くらいにバイタルエリア付近で愛媛がファール→セットプレーから失点。さらに前半の後半、またファール→セットプレーから失点。2点とも相手の5番キムさんに脚で頭で入れられちゃってなんて凝った胃。
愛媛は大したチャンスもほとんどなく、前半終了。つまらーん。

後半になると、2点のリードで鳥栖が守りに入ってきたのか、愛媛が押せ押せ。
後半5分に、左サイドDF松下のセンタリングから田中の特攻ダイビングヘッドで1点返す。ええ時間帯に取った。まだまだこれから。
それから、前半とうって変わって別のチームのようにチャンスを演出する。時折鳥栖11番の速攻カウンターにおののきつつ、そんなの怖がっとったら攻めるもんも攻められんぞな。
しかし、やっぱりバックラインが素人目にも安定しとるとは思えんような。。。
もっとシュートを打たにゃにゃ。ゴールに向かって走らにゃにゃ。
結局このまま試合終了。勝てんのぉ。

しかし愛媛は、東京ペロティみたいに攻めに凝ってパスパスするようなチームには賢固なディフェンスを見せるが、今節のように縦にシンプルにパスを通して走ってくるようなチームにはついていけてない印象を見せた。のんびりしとると言われる愛媛人の性質ですか(笑)

愛媛FCVSサガン鳥栖(1-2)
得点者:田中(愛媛)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛媛FC2006シーズン第19節  banba's blog略して『ばんブロ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる