banba's blog略して『ばんブロ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛媛FC2006シーズン第43節

<<   作成日時 : 2006/09/30 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

J2第43節
愛媛FC VS 徳島ヴォルティス

四国ダービー今季最終戦。再びアウェイの鳴門までドライブして観戦。高速使や近い。これで高速の通行料金が半額くらいになったら、もっとヒトが動くと思うんやけど。今回も、バスツアーが企画されとってその客だけでも500人程度はおるらしぃ。
しかし、ここまでどっぷり愛媛FCの観戦に浸かるとは、自分でも思いもよらなんだ。

が、試合前に愛媛サポーターの冷めた行為。一部のサポーターが、アウェイ席から芝生席にはみだして煽るような行為を行っておった。本人らはどんな意識でその行為を行ったのか分かりたくもないが、少なくとも端からはそう見えた。徳島のソッコーより速く(笑)、相手のサポーターか警備員の方が走って向かってきよったが、恥ずかしくてその後どんなやりとりしよったかも見んかった。ええオトナがわざわざ他所で恥ずかしい。自分らのことをどこまでウルトラス的やと思っとるんかしらんがカコワルイ、セツドモテ。大体煽れるほど徳島との因縁深かったっけか。プロレスばりにメディアの煽りに踊らされとるんちゃうんかと。
それから、応援歌の用紙を手渡されたが、見るとVS徳島用の煽り歌。不快でなかったら歌って下さい、とあったが不快だったので即刻バッグにしまった。こんなのは、一部のやりたいにんげだけ、愛媛サポーターから離れた場所でやっとくれなもし。ほいでもって、そんときはオレンジのシャツ着んとってちょーだい。前回ホームでオトナげない行為をした徳島サポーターとレベルが変わらん。

スタメンGK川北。DF右から森脇,金守,南,松下。MFボランチ井上,高萩。左サイド菅沼に右サイド赤井。FW田中と永トミー。
前半序盤に、森脇が後ろから相手引っ張ってイエローもろたときから嫌な予感がした(笑)
しかしお互い、中盤の圧力がある程度あってミスしあいチャンスつぶしあい。数少ないシュートチャンスを決められずといったカンジ。いうても色々応援の歌歌いよったら、ゲームに集中しとらんかったけんどんな展開やったかあんまし分かってない。そんなこんなで前半終了。

後半、開始早々愛媛が押し込む。右(赤井やったかな)からのクロスを永富と相手キーパーノリオさんが絡んだところ、こぼれ球を菅沼が落ち着いて決めて先制。スタンド大騒ぎ。
そうこうしよったら、数分後に森ワッキネン。ジョルジーニョやったか、裏取られたところを後ろから引っ張ってイエロー2枚退場。復帰してきたところやったのに。先週フットサルで会ったときに、素人からクギ刺しといたらよかった(笑)森脇の分は、永富に代えてDF星野投入。

10人になってからは防戦一方。中盤で全くボールが落ち着かず、徳島に攻められっぱなし。
MF石丸を投入して少しは落ち着いたか、な。と思ったが石丸さんプレーが軽いゼ。危ない。
残り5分くらいで田中に代えてFW大坪。結局危ないながらも、本日は山形戦の二の舞三の舞にはならず、逃げ切り勝ち。

スタジアムに響くアイーダとミノルコール。ゲームもシビレたが応援もシビレた。アウェイでの応援の方が、熱狂的なヒトらが一体になって応援するけん非常に海苔やすい。今まで出したことない声量で応援したった。

意気揚々とドライブして帰宅。

鳴門だけではないが、スタジアムのスタンドが縦に長いと、サポーターが縦に並べるけん塊になって、これが連帯感を高める要素の一つになっておると思われる。砥部のように縦のキャパがないところでは、自然と客が横に広がっていくわけだが、その範囲が横長になればなるほど、中心の熱が端まで流れん。やっぱ新しいスタジアムが欲しいのぉぅ。

愛媛FCVS徳島ヴォルティス(1-0)
得点:菅沼(愛媛)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛媛FC2006シーズン第43節 banba's blog略して『ばんブロ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる