banba's blog略して『ばんブロ』

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007J2第34節 愛媛FCVSベガルタ仙台

<<   作成日時 : 2007/08/16 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いままで勝ったことがない仙台相手。
ペロティ戦でええ試合観たあとに、アビスパには完封負けしとったけん、勢いが出てきたのか否か半信半疑。

しかしそれも、試合が始まって間もなく払拭。
愛媛が積極的に攻めこんで、少々外からでもミドル狙う意識が高い。開幕序盤からこういう試合せな(笑)ボールへの寄せも愛媛が早いけん、セカンドボールもよう拾えるのぅ。
前半は、ピンチも少々味わいつつ、MFエッゴーから左サイドオーバーラップしてきたDF森脇に渡って、ピンポイントでクロス。ペナルティエリア内には味方一人しかおらんかったけどが、FW大木さんに合ってヘッド。ディフェンスとキーパー二人相手に競り勝って愛媛移籍後初ゴール。

後半開始直後、観よるとこからは何が起きたかわからんかったけど、愛媛のコーナーキックをDF近藤がヘッドでころころっとスミに決めて追加点。若干下がりながらゴールスミを狙った、わたしにはでけん芸当。近藤はJリーグ初ゴールらしい。
さらにFW大木さんに代わったFWジョジマァル。ミドルレンジ30m付近でフリーになったけんシュート。これがキレーイに弧を描いてゴール。もぅキモチヨスギー。
後半の最後は仙台に押し込まれたけれどもディフェンス破綻せず、失点0で終了。DF金守とMF井上がおらんくてもいけるヨーダ。今日はGK佐藤も、危ない場面が一つ二つ程度。ファインセーブも見られてえがったえがった。
ただ、前後半通じてMF新井が繰り出す軽いプレーの数々が目に付いた。相手に取られそうなパスは狙ってか田舎。

前見たときよりロペスの動きが重そうでイラロペ(イライラロペス)になっとるとか、相手のパスに精度がないとか、相手の出足が全体に悪いとか、仙台のネガティブな場面も目について、どっちが昇格争いしよるティームかわからんげー。
愛媛にとっては前半20分先制→後半1分加点→後半20分ダメ押しと、理想的なゲーム展開。一年の間にはこういう試合もあるんやのぅ。

大体開幕から何が違うって、選手の顔つきが全然違わい。MF藤井が相手ゴール前で全速力で走りよるシーンなんか、今シーズン初めて見たような気がするくらいじゃ(笑)ひっしこでプレーしよるのが見よって分かるけん、応援も自然と声がおっきくなっとる。特に前の方でボール持ったら期待感があるので、何してくれるんぜぇいう歓声。スタジアムでしかあの空気は味わえんのー。これからの試合も楽しみになったなった。
ウキウキでキタック。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2007J2第34節 愛媛FCVSベガルタ仙台 banba's blog略して『ばんブロ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる